新講座「思考と表現」

2020年度の大学入試改革により、受験生に求められる学力が変わってきます。

たとえば、
従来の現代文の試験で、読解力と語彙力を問う問題が多くをしめていましたが、
新たな「国語総合」の試験では、多様な文章や図表などをもとに、複数の情報を統合して考えをまとめたり、その過程や結果について、読み手が正確に理解できるよう根拠にもとづいて、論述したりする、思考力・判断力・表現力が評価されるようになります。

他教科でも、概して、それに準ずる出題傾向となっております。

これは、一朝一夕で身につくものではありません。

プレパの「思考と表現」の講座では、
小学生の時期からアクティブラーニングなどの手法を取り入れ、「情報を整理する」「考えを論理的に組み立てて相手に伝える」トレーニングを始め、思考・判断・表現力の土台を築くことを目指します。

また、こうした学習は、都立中学入試でも必要とされます。

都立中学志望のお子様方にも、是非、お勧めしたい講座です。

表現と思考イメージ写真